鴻島で週末別荘ライフ。別荘アルファで遊びつくそう!

岡山と兵庫の県境。瀬戸内に浮かぶ小さなリゾート・アイランド鴻島。

当社でも数多く中古別荘を販売している島で、ご存じの方も多いかと思いますが、

ここで鴻島の簡単なおさらいをすると、日生港の南、約4kmの瀬戸内海に浮かぶ日生諸島の島の一つで

バブル期に大々的に別荘地開発され、島内には現在、300件ほどの別荘が建ち並ぶ「別荘島」です。

別荘と言っても観光地にある賑やかな別荘地とは異なり、休日を静かに過ごすのに適した場所で

島に入れば商業施設はおろか自動販売機すらない島。その何もない事が究極の非日常をもたらし

その島ならではの不便さを帳消しにする、環境、景色に魅せられ多くの人が訪れる島です。

とは言え折角の場所。この島の良さを別荘オーナーだけではなく島外からも気軽に寄れる場所が今まで無かったのが

別荘オーナーはもちろん島外の人も気軽に立ち寄れる場所として近日、鴻島初のカフェテリアがオープンする。

まだ改装工事の途中ですが、オープンに先駆け少しだけここでご紹介します。

≪ 本ページ最下部に当社のお客様限定の特典を掲載!≫

 

(鴻島の玄関口。定期船乗り場を下りた場所です。)

定期船を下りた所の島の様子。写真に写っている建物は全て別荘です。

 

島にある「亀の浦海水浴場」。シーズン中でも別荘オーナーしか利用しないため混みあう事もない。まさにプライベートビーチだ。

 

今回、ご紹介するカフェテリアは島の定期船乗り場から坂を上った、海を見晴らす高台にある。
現在、オープンに向け全面改装工事が急ピッチで行わている。

こちらが今回、斜面に増設されたウッドデッキ。木々の隙間から海が望め、また心地よい風と明るい太陽がエッセンスとなり
リゾート気分を高めてくれる。このウッドデッキは予約制で貸し切りにも対応可能だ。

 

日生と言えばやっぱり牡蠣でしょう。この写真の鉄板もレンタル可能。ここで大人数でカキオコパーティーなどいかがでしょう。
食材を持ち込み、気の合う仲間とビール片手にワイワイ盛り上がる事間違いなし!

 

 

まだ改装中で全てを紹介できないが、改装が完成しだい、次の機会にご紹介したいと思います。

こちらのカフェテリアでは当社で別荘を購入された方に、うれしい特典付き。
厳選した珈琲豆を使用した挽きたてのコーヒーが150円でいただけます。

また当社のお客様には他にも特典がありオープンテラスや鉄板の貸し切りも当社優待価格で格安にて利用できます。

別荘が小さくて大人数を招待したくても出来なかったお客様や、海を見ながら太陽の下でパーティーをしてみたい方に
「別荘+アルファ」STYLE。鴻島での海辺の週末別荘ライフにぜひ活用していただきたい場所です。

〔取材先〕

鴻島ログ「あしたのM」さん。
備前市日生町日生字鴻島2666番784

連絡先は当社に直接お問い合わせください。

 

 

いなかぐらし selection

780万円→730万円
土地面積: 704.13㎡
建物面積: 173.87㎡
建物構造: 木造瓦葺2階建て、古民家付
450万円→380万円
土地面積: 313㎡
建物面積: 74.25㎡
建物構造: 木造2階建て、家具備品付き
68万円
土地面積: 163㎡(約49坪)
建物面積: ―
建物構造: ―
98万円
土地面積: 167.39㎡
建物面積: 38.92㎡
建物構造: 木造ルーフィング葺き平屋建
SOLD OUT
土地面積: 511㎡
建物面積: 108.6㎡
建物構造: 木造2階建て、瓦葺
SOLD OUT
土地面積: 1,115㎡
建物面積: 78.87㎡
建物構造: 木造2階建て、家具・備品付き