有馬温泉にホテルライクな物件を所有する贅沢。

神戸の六甲山地の紅葉谷の麓にある言わずと知れた温泉街「有馬温泉」 その歴史も古く日本書紀や古事記などにも記された温泉で「日本三古泉」とも呼ばれている。 都市部から電車とバスを乗り継ぎ所要時間は1時間。観光のベストシーズンである桜や紅葉の 時期には多くの観光客で賑わいを見せる。 会員制のリゾート施設が多い有馬温泉の中では数少ない所有権型のリゾートマンション。 今回、最上階のゆったり80㎡超、ホテルライクな格安と言っても良い優良物件の紹介だ。 >物件の詳細を確認する(ページ下部へ)

物件情報

動画

間取り

外観・室内写真

有馬温泉はそのアクセスの良さから「関西の奥座敷」と呼ばれ、気軽に行ける観光地として人気のスポット。湯けむり上がる温泉街には炭酸煎餅をはじめ多くのお土産屋も並び、人々の賑わいと和の趣の町並み、四季折々の自然が感じられる場所だ。

マンションは有馬六景の一つ「鼓ヶ滝」から流れる清流沿いに位置し6月下旬にはホタルも鑑賞できる。また有馬の観光スポットで知られるマス釣り場に隣接し小さなお子さんも大喜びだ。

リッチライフ有馬1号館は六甲山ロープウェイの「有馬温泉駅」を少し下った旅館街に位置し「鼓ヶ滝公園」も歩いてすぐ。川沿いには遊歩道もあり滝まで気軽に散策できる。

築年数は古いものの大手ゼネコンである竹中工務店が建設。有馬の山間に溶け込むような洋モダンな外観で今見ても斬新なデザインが魅力のマンションだ。

敷地駐車場は2ヶ所。100%確保では無いものの大半は別荘利用でハイシーズン以外は込み合う事は少ない。また近隣のコインパーキングなども安価で利用可能だ。

こちらが正面玄関へのアプローチとなる。入り口には防犯カメラが設置されセキュリティーカードが無ければ正面玄関の自動ドアは開かず防犯性は高い。

入ってすぐのロビーの様子。高級感もあり広々した印象。管理会社は業界大手の東急コミュニティーとなり管理人は常駐。隅々まで行き届いた管理がなされている。

ロビー横には休憩所があり自由に利用が出来る。またここで出前を取って食事をする事も可能だ。

休憩場所の窓を開けると中庭に出ることが出来る。有馬温泉は標高400m程の場所に位置し六甲山系の自然を恵まれたマイナスイオンたっぷりの環境だ。

こちらは1階にある温泉大浴場の脱衣場の様子。温泉は男女別々で広さもこの年代のマンションとしては珍しく男女差は殆どない。

温泉は有馬温泉の常連の方から定評のある銀泉になり、無色透明の炭酸泉。浴室はジェットとバブル機能があり好み応じてオンオフが可能。入浴時間は平日は午前の部7:30~10:00、午後の部PM16:00~23:00。土、日、祝は午前の部7:30~10:00、午後の部が14:00~23:00となっている。

大浴場横にはちょっとした休憩室が完備されている。電動マッサージチェアをはじめ血圧計や体重計、身長測定器なども備えられ健康管理も可能。

こちらはトレーニングルーム内の様子。トレーニング器具も完備し自由に利用できる。また卓球台もあり大人から子供まで楽しめる。

各部屋ごとにロッカーボックス完備。

メールボックスの様子。

所在階のエレベータ付近の様子。カーペット敷きの廊下で高級感が感じられる。

こちらが玄関の様子。エレベーターから少し離れているが気になる距離ではない。

玄関入ってすぐの廊下の様子。壁には埋め込み式の下駄箱があり、正面には据え付けの収納完備。外出する際にちょっとした物を置けるので便利だ。

リビングは広さ17.5帖となり広々とした印象。落ち着いた雰囲気の家具とベロアタイプの厚手のカーペットでホテルの様な高級感も感じられる。

アンティークなガラス製の天井照明がとても良い感じだ。一つ一つがガラスの球形の凝った造りで今では中々手に入らないだろう。写真の家具、照明付きなのも見逃せないポイントだ。

クラシックなインテリアで落ち着きも感じられる和モダンな空間。キッチンは利用しない時はロールスクリーンで隠すことも可能だ。

壁が黄ばんで見えるが天井照明の影響で壁紙は当面は張替えは要らずのキレイな状態だ。

正面右手のドアが和室、左手のドアが寝室となる。

キッチンも別荘利用には十分な大きさ。写真の冷蔵庫も付いてくる。天井にはダウンライトが埋め込まれ手元は明るい。またデフォルトでは無い造り付けの壁面収納は見逃せないポイントだ。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は年に数回雪景色が望め、ここ有馬の四季折々に変化する美しい景色が身近に感じられる。

物件の開口は川側で西向き。西側に山があるので西日が明る過ぎる事はなく、寧ろ日照時間が長いメリットの方が多いだろう。バルコニーにワイドタイプでガーデンテーブルを置いて読書やうちカフェなど外のリビングとして活用できる。

広さ12帖の寝室。キングサイズのベッドを2台置いても十分な広さとなっている。

寝室にも造り付けのクローゼットがあり便利。また正面中央のドアの向こうは大容量のウォーキングクローゼットとなっている。この物件で収納に困ることなんて先ず無いだろう。

照明もリビングと同タイプのガラス製のアンティークな照明が2台インストールされている。またエアコンも置き型タイプのものが付いている。

6帖の和室の様子。ホットカーペットの上に炬燵などを置き障子を閉めれば、最も有馬らしい趣を感じられる部屋なのかも知れない。

有馬ではやはり和の伝統も大切にしたい所。洋室だけの間取りよりも和室が一部屋あるだけで落ち着き感もグンとアップする。

洗面は少し古いがワイドタイプで両サイドにタオルや小物の収納に便利なラック付きとなっている。

トイレは温水便座式となりこの年代のリゾートマンションでは数少ない洗濯機置き場も付いている。

有馬温泉は豊臣秀吉もこよなく愛し歴史も古く、伝統と文化、また六甲の自然が調和した関西を代表する観光地。周辺は風情を感じる古い町屋、商店が建ち並ぶ温泉街はじめ、アウトレットモールなど近代的な施設も程近い。

アクセスは神鉄「有馬温泉駅」をはじめ、京都駅、大阪駅からは高速バスも運行。また三宮、芦屋、宝塚から路線バスも乗り入れし、さすが関西を代表する観光スポットだけあり別荘のほかにも交通の利便性が高い。物件は同マンションで広いタイプとなる80㎡超の2SLDKの間取り。家具、照明付きで落ち着いた雰囲気のインテリアと相まってホテルの一室の様な趣となっている。月々のランニングコストは単純にリゾートマンションで比較すると多少お高く感じるが、80㎡超の部屋の広さ、また日本を代表する有馬温泉に毎日入れ、ここが神戸市内である事を考えればそこまで高くない事は理解いただけるだろう。ご興味のある方はお早めに問い合わせを。

 

物件詳細

物件番号1193
価格 SOLD OUT
物件説明有馬温泉のリゾートマンション
所在地兵庫県神戸市北区有馬町
交通神戸電鉄有馬線 「有馬温泉駅」より車で3分
築年月昭和48年築
敷地面積3011.57㎡
建物面積80.81㎡
建物構造RC6階建/6階部分
間取り2SLDK
設備天然温泉大浴場、トレーニングルーム、休憩室、ゲストルーム
駐車場有(無料)
権利金
敷金・礼金
管理費等管理費 月/29,820円 修繕積立金 月/13,270円 
その他費用水道基本料金 月/1,270円
取引形態媒介
備考※ ご見学は事前に弊社へご連絡をお願いします。直接行かれると管理人の方に迷惑が掛かるほか、治安上の問題もございますのでお控え願います。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Map
「もっとお部屋の詳細を知りたい!」「見学をしたい!」
などあればお気軽に相談ください。オープンハウスも随時開催予定です。

今月のおすすめ物件

その他の物件を探す