鴻島・簡易宿所として営業されてた別荘

日生牡蠣の産地でも知られる岡山県備前市日生町に位置し、1年を通し温暖な気候で主に大阪、神戸、岡山の方の別荘地として知られる。島には300件ほどの別荘が建ち、海から見た島の風景はまさに日本のエーゲ海。テレビでも頻繁に取り上げられる、ここ鴻島で週末別荘+利用しないときは簡易宿所として別荘を持つSTYLEはいかがだろうか?

>物件の詳細を確認する(ページ下部へ)

物件情報

動画

間取り

外観・室内写真

今回ご紹介する物件は鴻島の物件。京阪神からのアクセスも良好で、牡蠣のシーズンは主に京阪神地域からの観光客で賑わいを見せる。

物件は右から2番目の茶色い外観の建物。島の山頂付近の物件だ。

焼板の壁と少し年代を感じさせる外観がアンティークな趣。

こちらが道路側から見た物件の様子。30年近くの年月を経てエイジングされた外観が良い雰囲気を出している。

玄関灯は船舶用の照明器具でも使われているマリンランプ。海辺の物件だけに遊び心があっておもしろい。

玄関入ってすぐの様子。

吹抜けで天井も高く開放的。

エアコンや給湯器も昨年に交換したばかり。室内も大変キレイに使われている。開口は南西向き。日当たり、風通しともに良好だ。

家具、電化製品もそのままお付けできる。ロフトへ上るハシゴは直角につき、気になる人は多少角度をつけた方が良いと思われる。

この少しアンティークな物件でアンティーク気分をより一層掻き立てるアイテム。アンプとスピーカも付いてくる。

簡易宿所として営業されていた物件につき、明日からでも手ぶらで利用できる。

ロフトは大人は立つことはできないが、少し腰を曲げた程度で歩く事が可能。お子さんなら頭上空間も十分だと思われる。

大型の食器棚がだいぶ圧迫感がある様に見えるが、実際は写真ほど圧迫感は感じられない。

洗濯機置き場は壁が隣室にめり込む様なカタチで確保され、すっきり収まっている。

トイレとお風呂はユニット。セパレートではないが、別荘利用や簡易宿所として考えれば十分だろう。

物件は最近まで簡易宿所として許可をとり営業していた物件。簡易宿所の運営に興味のある方、いかがでしょう。がっつり収益をあげるのは難しいとは思いますが、別荘を利用していない日を有効に使えば、ランニングコストの回収ぐらいは十分出来るかも。許可関係も経験者のオーナー様から色々聞けるのも魅力。また希望があれば管理いただける島の方も紹介可能。別荘+簡易宿所の賢い持ち方。このお手頃価格で別荘ライフと宿の経営がスタートできるのは魅力的だ。

 

物件詳細

物件番号1134
価格SOLD OUT
物件説明島の海水浴場から徒歩圏
所在地岡山県備前市日生町日生鴻島
交通日生港から定期船で15分の島。
築年月平成3年築 
敷地面積151㎡
建物面積32.40㎡
建物構造木造スレート葺き 2階建
間取り1LDK+ロフト
設備公営水道、水洗、プロパン、電気
駐車場
権利金
敷金・礼金
管理費等自治会費 年/64,000円 
その他費用
取引形態仲介
備考〔内覧、下見について〕
島に出張所はなく、当日にご連絡戴いてもご対応出来ません。
また防犯上の観点からも、当社に連絡なく直接の下見はご遠慮下さい。※下見、内覧は要予約。
 
Google Map
「もっとお部屋の詳細を知りたい!」「見学をしたい!」
などあればお気軽に相談ください。オープンハウスも随時開催予定です。

今月のおすすめ物件

その他の物件を探す