別荘をまるっとリノベーション!

神戸から90分。瀬戸内海に浮かぶ至福のリゾートアイランド、鴻島。この島はミカンや日生牡蠣の産地でも知られる備前市日生町に位置し、1年を通し温暖な気候と瀬戸内の穏やかな海、また日生諸島の美しい景観に、主に大阪、神戸、岡山の方の別荘地として知られる場所。また最近ではテレビでも多く取り上げられ全国から問い合わせをいただく別荘島だ。今回は、今まで数々の宿泊施設を独創的なリノベーションを施し、その全てが繁盛店となった、リノベの達人、MARU氏(仮名)が手掛けた別荘の紹介だ。

>物件の詳細を確認する(ページ下部へ)

物件情報

動画

間取り

外観・室内写真

岡山県と兵庫県の県境に位置する日生諸島の物件。京阪神からのアクセスも良好で冬場の牡蠣のシーズンは多くの観光客で賑わいを見せる。物件は島の山頂付近に位置し海と山が望める立地だ。

建物裏手側から山々の緑と海が望める為、この環境を活かしウッドデッキが新設されている。

赤と青のアクセントカラーに目を奪われる。場所を説明するにも特徴的でわかりやすいだろう。新たに屋根は耐久性のある鋼板葺き、樋も新設、外壁は板張りを施工している。

ログハウス横のアプローチは石畳みとなっている。出入りが不便だった従来のアプローチの場所を変更、更にベビーカーや台車等が入れる様にスロープ式となり使い勝手は良好だ。

青と赤のアクセント部分にある屋外収納。元々小さなウッドデッキがあった場所だがウッドデッキを移設した事により収納に変更。牛小屋のような趣で遊び心たっぷりだ。

屋外のリビングルームとも呼べる新たに設けられたウッドデッキ。広さは6帖ほどとなる。

屋根も鋼板葺きで新設。雨天の日でも気持ちの良い休日を過ごす事が出来る。

ウッドデッキからの眺望。実際にデッキから見る遠近感に近いように撮影。目の前には無人島の曽島の景色。前の海は船の通り道となり行き交う船をここから望む事が出来る。

アンティークなオイルランプを加工して造ったLEDの照明がGOOD!外からの視線を一切気にする事なく大人数でも楽しめるスペースとなっている。

玄関ドアは海辺の別荘らしく水色に塗装。良いアクセントになっている。

幾何学模様のアートを取り入れた土間でドアを開けた所から大胆で面白い。

建築当初は別荘仕様につき洗濯機置き場が無かったが玄関内側に洗濯機置き場を新設している。

玄関入ってすぐのリビングルームの様子。無垢材をふんだんに使った木の温もりを感じる空間だ。

キッチン流し台の裏手には大きな収納スペースを新たに設け、使い勝手が向上している。

宿泊施設のリノベーションを数々されてきた「MARU氏」が手掛けた別荘だけあって、ホテルライクな一面も感じられる空間に仕上がっている。

天井は杉板張り、壁と床材には木目の赤味と白太のバランスが独特のビジュアルで最近流行りのアカシアの板を古民家風にオイル塗装し仕上げられている。

形に捕らわれない独創的な空間デザイン。和洋折衷なオンリーワンの趣となっている。

新品の58インチの液晶テレビ付き。こちらの背面を利用すればホームシアターの設置も可能だ。

サッシ類もペアガラスに交換済。新設された勝手口とウッドデッキとの動線が良く考えられている。

キッチンも移設されレンジフード、三口グリル付きコンロと併せ新品に交換済みだ。

冷蔵庫も新品を設置。窓を開ければウッドデッキ側と会話楽しみながら料理が可能だ。

中央の入口がダイニングスペース、右手の扉を開けるとトイレとバスルームになる。

トイレはユニットをセパレートに変更し、こちらに移設。TOTOのウォシュレットに交換済みだ。トイレ部分にドアが敢えて無いのが斬新。圧迫感もなく開放的で心地よい。

トイレを移設とシャワーヘッド、蛇口交換以外、特に何もしていないが、新築から未入居だった別荘をベースにリノベしており、このお風呂は一回も利用された事が無く綺麗な状態だ。

使い方によってはダイニングルーム、居間、洋室と変化する多目的空間。青い壁面が目に留まる。

本物件はリノベーション途中に、BS吉本のテレビ番組「Cheeky’s a GoGo」のコーナー「住みます芸人ガイド」でテレビ取材を受けており、その時に取材に来た岡山県住みます芸人「江西あきよし」さんと「ハロー植田」さんの直筆サインが壁に書かれている。

こちらは印象が全く異なり海外にありそうな海辺の古びた酒場のような趣ですごくお洒落。

物件内に所々見られる飾り棚や壁付け棚は全てケヤキの1枚板で造られている。

MARU氏が手作りしたテーブルとアンティークな家具。檜の1枚板で造ったベンチがお洒落。

島の山頂付近に位置し四季折々に変化する対岸の島の景色、美しいリアス式海岸の風景が望める立地。物件は新築から未入居だった希少物件を、戸建ての宿泊施設を数々リノベーションしてきた「MARU氏」が別荘に相応しいホテルライクな仕様へと新たに生まれ変わらせた物件。また写真に写っている家具、家電など全て付きで明日からでも手ぶらで利用できる状態だ。ログハウスの外観に和洋折衷を織り交ぜ、見事に纏め上げた独創的な物件。古い別荘を購入し更にリフォームを施し家具や家電を一から入れる事を考えると、この物件の選択は間違いなく有りだろう。

 

物件詳細

物件番号1186
価格 590万円
物件説明リノベーションで生まれ変わったログハウス
所在地岡山県備前市日生町日生
交通日生港から定期船で15分の島の別荘
築年月平成元年10月築
敷地面積130㎡
建物面積38.92㎡
建物構造木造平家建
間取り1LDK
設備上水道、浄化槽、プロパン
駐車場
権利金
敷金・礼金
管理費等自治会費 年/63,600円 (浄化槽メンテナンス料金含む)
その他費用
取引形態媒介
備考※ 内覧は島に出張所はなく当日ご連絡戴いても対応出来ません。また防犯上の観点からも当社に連絡なく直接の下見はご遠慮下さい。下見、内覧は要予約。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Map
「もっとお部屋の詳細を知りたい!」「見学をしたい!」
などあればお気軽に相談ください。オープンハウスも随時開催予定です。

今月のおすすめ物件

その他の物件を探す